つわりの経験

うちには中学生の長男と小学生の長女がいて、年齢差は3つなんだけど、妊娠時の体の変化はそれぞれ大きく違っていた。
長男のときはとにかくつわりがひどく、一日寝て過ごすのがデフォ(汗)
産婦人科の先生からは「5ヶ月に入ったあたりで楽になる」と言われていたけど、当初は気休めにしか思えず、毎朝起きた瞬間から気持ち悪いという地獄のような日々を送っていた。
ところが5ヶ月に入ったとたん、本当にそれまでのつわりが嘘のように楽になり、先生すごい!と思ったのを覚えている。
まああとからまわりの話を聞くと、必ずしも5ヶ月に入ると楽になるというわけじゃなく、ひどい人は出産までつわりが続いたという人もいた。
一方、長女の時もつわりはあったものの、長男の時ほどひどくはなく、普通に家事をこなすことができた。
まあ長男がいたので、寝て過ごしているわけにいかなかったというのが実状なんだけど(汗)
でも今思うと、長男の時は家にひきこもり、鬱々と暮らしていたからつわりもひどかったんじゃないか・・・という気がする。
まあつわりで気分が悪く、外に出る気も起きなかったのだから仕方ないんだけど、要するに悪循環に陥っていたんじゃないかなあと。
なので今現在、つわりで苦しんでいる人には、つらいと思っても少しでも外の空気を吸った方がいいよと言いたい。
特に私の場合、長男の時は狭いアパートにいたけど、長女の時は一軒家に引っ越していたというのもつわりの重さに大きく関わっていると思う。
要するに、まわりの環境が快適であればあるほど、つわりも軽くなると思うんだよね。
あとはつわりの時には、なるべく好きな音楽は聴かない方がいいと思う・・・。
少しでも気分が軽くなるようにと音楽が聴きたくなる気持ちはわかるんだけど、私の場合、つわり中に聴いていた曲を今聴くと、条件反射で気分が悪くなってしまうので(汗)

広告を非表示にする