頼りすぎは禁物

高齢になったりすると、くしゃみとか笑ったりした際に失禁してしまうことが増えると聞いたことがある。
なので巷では失禁用の大人用おむつとかが発売されているんだけど、やっぱり「おむつ」というのに抵抗があるせいか、使用を躊躇している人も少なくないみたい。
それにおむつってゴワゴワして付け心地が良いとは言えないから、日中つけているのはストレスっていうこともあるんだろうな。
そこで最近は尿漏れ対策専用の「失禁パンツ」というのが発売されているらしい。
一見すると普通のパンツなんだけど、股の部分が特殊な構造でできてきて、漏れた尿を吸収することができるんだとか。
見た目は普通のパンツと変わらないから恥ずかしくないし、付け心地も大差ないということで、かなり人気を集めているみたい。
ところが先日、国民生活センターがこの失禁パンツの性能を過信しないよう注意を呼びかけたのだそう。
失禁パンツの性能は商品によってまちまちで、尿の吸収量にもそれぞれ違いがあるんだけど、実際に表示されている吸収量を満たしていないものが多く販売されているんだとか。
実際、国民生活センターには「表示より少ない尿の量で外にしみ出す」といった相談が5年間で約160件も寄せられていたそうで、実際にセンターで実験したところ、吸収量の表示がある9種類の商品すべてが表示された吸収量以下でしみ出てきたんだって。
中には50ml吸収すると表示しているにもかかわらず、5mlでしみだしたものもあるそうで(汗)
ここまで来ると誤差の範囲ではなく、完全に詐欺だと思うんだけど・・・。
まあ商品を買う時は、実際に水とかかけてどれだけ吸収するか試すってこともできないからねえ・・・。
もし失禁パンツを買う時は、購入後にまず水をかけてどれくらい吸収するのか試してみて、危ないなと思ったら尿漏れパッドとかを併用した方が安全かもね。

広告を非表示にする