読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ったままおぶれる画期的アイテム

おんぶ紐というのは昔からあって、今はスタイリッシュな商品も数多く販売されているけれど、最近になってさらに進化した直立型のおんぶ紐というのが誕生したのだそう。
直立型の名の通り、なんと立った状態の子供をそのままおんぶできるという画期的なアイテムだそうで、実際に使用したところの画像を見たら、なるほど確かにおんぶでありながら、子供は立ったままの状態になっている。
一般的なおんぶ紐の場合、子供は座ったままの状態でおんぶされるから、顔はちょうど親の背中か、あるいは後頭部のあたりに来てしまうので、前方の視界はさえぎられてしまう。
でもこの直立型おんぶ紐なら、子供の顔は親の頭の上に来るから、360度視界が開ける肩車のようなもので、子供も楽しいんだよね。
一方、親の方も子供の体重が分散されるので腰への負担が少なくなり、まさに一石二鳥なんだとか。
もちろん安全対策は万全で、専用のハーネスと親の背負うキャリアがしっかり固定される仕組みになっているから、子供がうっかり落下するなんてこともないみたい。
おんぶ紐って窮屈で嫌がる子もいるけど、これなら子供も嫌がらずに装着してくれるんじゃないかなあ。
だって子供って肩車が大好きで、何度もせがんだりするもんね(笑)
ちなみに一般的なおんぶ紐はその性質上、小さい子にしか使わないけれど、これは27kgの重量まで耐えられるそうで、2~6歳まで幅広く使えるんだとか。
まあ27kgともなると、さすがに直立型でも親がしんどいような気がしないでもないけどね(^_^;)