対応の良さを実感

お題「今日の出来事」

 

今日じゃなくて、昨日の出来事なのだけど(^_^;)
うちのテレビはソニーブラビアで、ちょうど1年ほど前に購入したばかり。
やや奮発して、AndroidTV対応のものを購入し、テレビ放送だけでなく、YoutubeとかAbemaTVとかそういう動画も見られるようになった。
以前のテレビがちょっと古めのもので、かつシンプルなものを買ったせいか、それに比べるとかなり多機能。
でも使い勝手が良く、特別な不満もなしに使っていたのだけど、つい先日、とある動画サービスが利用できないことが発覚した。
つい最近インストールしたばかりの動画アプリなのだけど、利用するにはログインが必要。
ところがログインIDまでは入力できるのに、パスワードを入力することができない・・・。
リモコンの決定ボタンを押しても入力画面に切り替わらないので、物理的に入力することができない状態だったんだよね。
ちなみにパソコンやタブレットでは問題なくログインできるし、視聴も可能。
ということで、これはテレビまたは動画アプリに問題があるに違いない!と思い、ソニーと動画サービスの運営元の両方に問い合わせをした。
運営元については名前は伏せるけど、こちらはあまりレスポンスが良くなく(汗)
メールで改めてせっついたらあわてて返信を寄越したのだけど(ーー;)それもあまり的を射た答えではなく・・・。
一方、ソニーの方はお盆前はもちろん、お盆期間中でもレスが速い。
対策方法もいろいろ教えてくれて・・・・ただ、どれを試してもやっぱりだめ。
そこで結局出張修理しかないという結論に達し、修理サービスを依頼することに。
で、本来は来週来る予定だったんだけど、つい先日、自宅の方に電話が。
てっきり修理の日程の確認かなーと思ったのだけど、対策としてちょっと試してみて欲しいことがあるのですが・・・と。
で、お話ししながらリモコン片手に、言われるがままに操作。
そうしたら・・・見事問題解決!!
結局のところ、原因はAndroidのシステムにあったそうで・・・。
これをアンインストールしたらあっさりクリア(笑)
担当さんいわく、これは応急措置なのだけれど、すでにAndroid側にはこういう不具合があると報告済みなので、今後自動アップデートされたときには不具合は解決しているはず。
なのでテレビ自身に問題があるわけじゃないし、今後お客様が何かしなければいけないということもないので安心してください・・・ということだった。
問題解決できて嬉しかったのはもちろんだけど、ソニーのサポートの手厚さに脱帽。こういう対応してもらえると、次回もソニーで買おうかなーって思えるよね(^_^)

広告を非表示にする

誕生日プレゼント

お題「プレゼント」

 

今日は娘の誕生日。覚えやすい上に、縁起のいい日にちだったりする(笑)
で、今回は誕生日プレゼント何が欲しい?と聞いたのだけど、めずらしく直前まで決まらなかった。
これまでは、誕生日の数ヶ月前(!)から、あれが欲しい、これが欲しい・・・と言って親を困らせる(^_^;)
しかも、そのたびに欲しい物がころころ変わるので、もう1カ月くらい前でいいよ!とストップをかけるほどだった。
要するにそれほど欲しい物があるということなんだけど・・・今回はタブレットが欲しいと言い始め(ーー;)
ただ、娘は小学校高学年。何万円もするタブレットを購入するのはさすがにどうかと・・・。
なので別なのにしなさいと言ったら、うーんと悩む。
本当は浴衣や服、サンダルなんかも欲しかったのだけど、実は先月中にすでにばあばに買ってもらってしまい・・・。
去年、同じく夏物のサンダルをプレゼントとしてリクエストしたんだけど、夏物のピークは7月中頃まで。
7月下旬頃からは入荷数が少なくなってしまい、特にサンダルは在庫なし・・・ってところが多かったんだよね。
そこで今回は早めにリクエストし、早めにプレゼントしてもらったというわけ。
本当は浴衣だけをリクエストしたんだけど、母(娘にとってはばあば)が気を利かせてワンピースやらサンダルやらまでプレゼントしてくれて。
もちろん娘は大喜び。それで服や靴に関しては満たされてしまったんだよね(^_^;)
そこでいろいろ悩んだ挙げ句、娘が選んだのはリュック。
実は夏休みが明けてから林間学校に行く予定があるんだけど、そのためのバッグが欲しいと言い出したわけ。
で、いろいろネットで検索し、ギリギリにゲット(^_^;)
まあリュックに関してはシーズンは関係ないので手に入りやすくてよかった。
そして11回目の誕生日おめでとう♪女の子らしく、生意気なところもあるけど、素直でママ想いの娘。これからも元気に毎日楽しく過ごしていってほしいな(^_^)

広告を非表示にする

日帰り帰省

お題「帰省」

 

うちの場合、私の実家は隣の市にあるので何でもない日でもふらっと遊びに行ったりしている。
なのでお盆だから・・・という感じで帰省するわけでもないのだけど、対する夫の実家は隣県にあるため、基本的に大型連休の時しか帰省しない。
お正月の時はみんなで温泉旅行するというのが恒例なのだけど、それ以外(GWやお盆)の時は帰省と同時にキャンプを計画。
実家にも顔を出すけれど、宿泊はキャンプ場というのが主だった。
で、今年もお盆に帰省はするのだけど、今回は長男が受験生ということもあり、キャンプはなし。
なので久々に日帰り帰省することになった。
隣県と言ってもお互い端っこの方にいるわけではないので、高速で行けば1時間半くらい。
しかもうちの場合、他の人と違って往きが上り、帰りが下りなので、お盆にしても正月にしてもあまりラッシュにはまらない。
だからこそ気軽に日帰り帰省とかもできるというわけ。
そういう意味ではありがたいなと思う。私がよく利用しているネットの掲示板サイトを見ると、実家が飛行機じゃないと行けない距離にあって、帰省費用がハンパない・・・という投稿をよく見かけるから(汗)
費用はもちろんだけど、小さい子連れだったりすると、飛行機での移動も大変だよね。
そして飛行機を使っての帰省となると、日帰りは難しい・・・。
国内だったら飛行機を使えば短時間で移動できるけど、人間の心理として、「飛行機まで使ったのに日帰りなんてもったいない」という気持ちが働くもんね(^_^;)
まあそれが義実家だったら、たとえもったいなくても速攻で日帰りしたいところだけど(笑)

広告を非表示にする

わずか15分

ここ数日だけで、車内にいた子供が熱中症になり、亡くなるというニュースを2件も耳にした。
車内にいて熱中症で死亡・・・というと小さい乳幼児の事故というイメージが強いけど、先日は小学校4年生の男の子も同じように車内の熱中症で亡くなったそうで・・・。
小さな子の場合、チャイルドシートに乗せられている可能性も高いし、自分で車のカギを開けて外に出るなんて芸当はできない。
でも、小学校4年生の子なら、自分でロックを解除して車の外に出るということもできたはず。
しかもこの子は車のカギを渡されていたそうで・・・。
でも実際は、男の子はロックされた車内の中でぐったりしているところを発見されたらしい。
なぜそうなってしまったのかと言うと、エアコンが停まった車内では、わずか15分で熱中症指数が危険レベルに達してしまうからなのだそう。
当時、男の子は車内で食事中だったようなので、おそらく15分くらいはその場に居続けたはず。
もしかしたら、あれおかしいな・・・と思った時点で、すでに体が動かなくなっていたのかもしれない。
なので「ちょっとだけ」というのは本当に危険なのだなと。
小さな子の場合、一緒につれて歩くと大変なことも多いので、眠っているならその間に・・・と思ってしまう人も多いんだろうけれど、ちょっとの手間を惜しんだばかりに取り返しがつかないことになる可能性があるのだから、やっぱり何歳になっても子供だけを車内に置き去りにしないことが大事だと思う。

広告を非表示にする

たぶん娘のためじゃない

お題「最近気になったニュース」

 

今朝知ったばかりのニュースなんだけど、昨日、娘の元交際相手に人格非難のメールを送りつけたとして、母親に440万円の支払が命じられるという裁判の判決があったみたい。
さかのぼること4年前、この母親は娘が数日前まで交際していた15歳の少年に対し、「ろくでなし」だの「ふさわしい学力の子とお付き合いしてもらう」などのメールを送りつけたのだそうで。
もともと交際に関しても、母親の反対にあって別れた・・・みたいなところがあったようで、そこに追い打ちをかけるような内容のメールだよね・・・。
しかもメールを受け取った少年は、その日のうちに飛び降り自殺したというからなおさら救われない。
実際にメールがきっかけだったかどうかはわからなかったということだけど、メールが送られた当日なんだから、全く無関係ではないと思う。
大人なら不快な気持ちにはなるものの、スルーするような話。
でも、15歳の男の子にしてみれば、好きな彼女と半ば無理やり別れることになり、意気消沈していた時にトドメの人格非難メール・・・。発作的に自殺してしまってもおかしくないと思う。
おそらく母親の方も、こんな事態になるとは思ってなかったんだろうけれど、だいたい相手が15歳の少年だというのに執拗すぎるし、大人げないにもほどがある。
うちにも小学生の娘がいるので、娘の交際が不安になるのはわからないでもないけど・・・。
ただ、うちには中学生の長男もいて、もし息子が元交際相手の母親にこんなメールを送りつけられたと知ったら唖然とするし、人間性を疑う。
そしておそらくこういう人って、「娘のためを思って」反対してるんじゃないんだよね・・・。だからこそ、別れた後なのにこういうメールを送りつけて、勝ち誇っていたんじゃないかなと思う。

一度だけ

お題「ケータイと私」

 

アメリカで、14歳の女の子がお風呂に入っている最中に携帯電話を使おうとして、感電死するという事故があったらしい。
お風呂で電化製品を使わない・・・というのは基本中の基本だけれど、スマホはいつも手にしているだけに、あらためて電化製品という意識がなくて、ついお風呂場に持っていってしまったのかも。
実はイギリスでも同じようにお風呂場でスマホを使っていた人が感電死したというケースがあったみたいで、さほどめずらしいことではないのかな。
今回のケースでは、女の子は洗面所にあるコンセントから携帯を充電しようとしていたみたいで・・・。
海外だとお風呂場と洗面所の間に境がなくて、だから充電も容易に出来てしまうんだろうけど、それが仇になってしまったのかな。
ただ、実は私も大学生の頃、お風呂場に携帯(当時はPHS)を持っていったことがある(汗)
友達とやりとりしていた間のことで、その時一度だけだったけれど・・・今思うと、感電してもおかしくない状態だよねと(汗)
当時のPHSなんてやれることは限られているので、そう長時間使うこともなかったけれど、今は何でもできるスマホが主流。
きっと同じようにお風呂場でスマホをいじっている人って多いんじゃないかと思う。
まあ電化製品は湿気に弱いから、ジップロックみたいなのに入れて使っているという人が多くて、そのぶん感電のリスクは少ないのかもしれないけど・・・。
でもやっぱり危険は危険。ちなみに今はお風呂場に携帯を持っていったりはしない(^_^;)ガラケーだし、そこまで携帯に執着ないしね(笑)

広告を非表示にする

金田一少年の事件簿

お題「マンガ」

 

少し前の話になるけど、現在週刊少年マガジンで不定期連載中の金田一少年の事件簿Rを読んだ。
といっても本屋で立ち読みした程度なんだけど(^_^;)、かなり雰囲気が変わったなあというのが第一印象。
私は金田一少年の事件簿が好きで、通称「FILEシリーズ」の時からのファン。
FILEシリーズに関してはコミックを全部買いそろえ、続くCASEシリーズも全巻読破した。
ただ、不定期連載になった新シリーズあたりから、何だか作風が変わったというか何と言うか・・・。
以前に比べると画力はアップしているんだけど、話自体は初期の方が面白かったなあ、なんて・・・。
主人公の金田一少年と幼なじみの美雪ちゃんはともに高校生なのだけど、連載開始から何年経ってもずーっと年齢は変わらないまま。
でも周囲を取り巻く環境とかは変化していて、たとえば新シリーズだとスマホを持ったりしてる(^_^;)
まあそのあたりはマンガだし、致し方ないところもあるんだろうけど、現代風の新シリーズよりも、ちょっと時代がかった旧シリーズの方が好みだなあ。
今読んでも面白いしね。雰囲気を楽しめるっていう感じ。
まあトリックに関しては、古今東西の名作から引っ張ってきてるものもあるんだけど(^_^;)
そういえば実家にいたときは、小説版の金田一少年の事件簿も買って読んでいたっけ。
中でも電脳山荘殺人事件、あれはインパクトあったなあ。当時インターネット(作中では『パソコン通信』)ってめずらしかったんだけど、この作品で興味を持って使い始めたことがあるからなおさら(笑)
それが今はスマホだもんなあ・・・。時代の流れよ(^_^;)

広告を非表示にする