肩甲骨動かすとか手袋とか

今週のお題「冬の寒さ対策」

 

今の時期はこたつむりになっている私にとって、冬の寒さ対策は「こたつに入っていること」がベストなんだけど(笑)
やむなく外に出かける時なんかは、なるべく肩甲骨のあたりを動かすように心がけている。
というのも、肩甲骨あたりを動かすと血行が良くなると聞いたから。
もともとランニングが趣味で、肩甲骨を動かす走りを心がけているんだけど、さらに血行をよくする効果も見込めるというのなら、やらないのは損(^_^)
実際、走っている時も、肩甲骨を意識して動かすと、すぐに体が温まってぽかぽかしてくるんだよね。
肩こりや首こりの解消にも役立つし、まさに一石三鳥。
体の芯が暖まると、一番冷えやすい手先や足先も暖まりやすいので、冷え性の解消にもいいと思う。
おかげで去年は今の時期、湯たんぽがないと眠れないくらい足元の冷えがひどかったんだけど、今のところ湯たんぽなしでもすっと眠れるようになった。
あとは外出時は必ず手袋をつけることかな。
以前は手袋をつけていると指が動かしにくくて面倒だから・・・と手袋をつける習慣がなかったんだけど、やっぱり手が出ているのと出ていないのとでは全然違う(^_^;)
なので今は近距離でも、外に出るときは手袋着用。
考えてみれば冷え対策にはもちろん、今の時期は感染症予防にも若干役立つよね・・・。直に手にばい菌がつかないから。
それでも冷える時は、グーパー運動。これは手も足も同じだけど、指をグー→パーとくり返すと、指先やつま先まで血液が行き渡りやすくなるからオススメ♪

初めての彼氏

今週のお題「恋バナ」

たいした恋バナはないなあ(笑)
最初に付き合ったのは大学生の頃で、相手はバイト先の先輩。
それまで同年代の異性としか知り合ったことがなかったので、3つ年上というのはそれだけで大人な感じがした。
お互いゲーム好きという点が共通していて、一緒にゲームをやったことも数知れず。
それと洋楽の良さを教えてくれたのもその彼氏だった。
それまで洋楽ってあんまり聴く機会がなかったんだけど、そうしたら自分のオススメの曲を録音したテープをくれて。
それで聴いてみたらハマってしまい、それから自分でもあれこれ聴くようになったなあ。
基本的にそんなにアクティブな人じゃなく、一緒にスポーツしようとか、海や山に行ってアウトドアしようなんてことはなかったんだけど(笑)
でも年齢相応に落ち着いた人だったし、穏やかでやさしかったなという印象がある。
ケンカもあんまりしなかったと思うけど、じゃあなんで別れてしまったのかと言うと、ひと言でいうなら長く付き合いすぎたのかな?
といっても、4年間くらいなんだけど(^_^;)私が学生だったこともあり、結婚話とかは出ていなかったけれど、その間にあまりに距離が近づきすぎて、彼氏というよりものすごい親しい身内みたいになってしまったんだと思う。
さらに私が卒業して就職したところは平日休みのところでスケジュールが合わず・・・。
結局、自然消滅に近い形で終わっちゃったなあ。
未練とかはないんだけど、今でもふと、何してるのかなーと思い出すことはある。

広告を非表示にする

来年の今頃は・・・

お題「受験」

 

もう1月半ばを過ぎ、本格的な受験シーズン突入。
うちにはまだ今年受験する子供がいないのだけど、今年から中学校3年生になる息子はいるので、まるきり他人事という感じがしない(汗)
だって1年なんて本当にあっと言う間なんだもん(^_^;)ついこの間中学生になったと思ったら、もう今年には最高学年になるとは・・・。
小学校の時は6年間あるからさすがに長いなと思ったけど、中学校はその半分。
しかも小学校ほど緩い生活を送っているわけじゃなく、テストに部活に塾に・・・とスケジュールが満杯で、家で起きている時間なんてほんの数時間ほど。
当然、時間もあっと言う間に感じるわけで、あれよあれよという間に中学3年生になってしまうという感じ(^_^;)
もちろん、中学3年生になってから初めて受験を意識する・・・というのでは遅いので、子供には中学校1年生の時から、中学生活なんてあっと言う間なんだから、のほほんとしていないように!とは言っていたんだけど。
でも自分で言っておきながら何だけど、ここまで早いとは思わなかったorz
来年の今頃は、きっと受験モードで家の中の空気がピンと張り詰めているんだろうなあ・・・と思うとちょっと気が重い(^_^;)
もちろん、一番つらいのは本人なので、親がオロオロしたり、不安になったりしちゃいけないんだけどね・・・。
息子は第一子なので、私も初めて受験生の母になる。まだ経験がないので、今からちょっと不安・・・。

広告を非表示にする

本日の朝ご飯は・・・

今週のお題「朝ごはん」

 

今日の朝ご飯は近所のパン屋さんのパン。
近所と言っても、車で10分くらいかかるところだし、家計を預かる主婦としてはそうひんぱんに行くところではないのだけど(^_^;)
ただ、一週間のご褒美としてお気に入りのパン屋さんでパンを買って、のんびり朝ご飯を食べる・・・というのが楽しみになってるんだよね♪
そこのパン屋さんにはイートインコーナーがあるので、そこで食べてもいいのだけど、店内と区切られているので、今の時期はちょっと寒い(^_^;)
なのでパンは持ち帰りにして、暖房の効いた家の中でぜいたくに食べる(笑)
コーヒーサービスもあるから家でコーヒーを淹れる手間もないしね。
ちなみに普段の朝ご飯は、だいたいが前の晩の夕飯の残り(^_^;)
残ったものがもったいないから・・・というのもあるんだけど、もともと私は料理嫌い。
家族のためならまあ仕方ないかと思えるけど、自分ひとりのために嫌いな料理をするというのは面倒なことこの上なくて(^_^;)
だから夕飯にしても、余らせてしまったというより、少し余分に作っておいて、次の日の自分の朝ご飯に回しているところがあるんだよね(笑)
自分でもずぼらだなあと思うんだけど、一人分の料理って家族全員分を作るより大変だし、面倒だと思うのはなぜなんだろう・・・。
自分ひとりだからこそ、ちょっと手の込んだ料理を作ってぜいたくしてみるっていう手もあると思うんだけど、それをするならその時間を使って本を読んだりゲームしたりしたいなあ(^_^;)

2016年にやり残したことをやる(汗)

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

2017年にやりたいこと・・・というか、2016年にやり残したことというか(^_^;)
1つはフルマラソンを完走すること・・・以前に、まずエントリーくらいすること(^0^;)
走ってみて完走できなかった・・・ならまだしも、挑戦すらしていないというのはさすがにどうかと思うので、今年こそは思い切ってエントリーして、とにかく挑戦してみたい。
ランニングを始めて意識が変わり、考え方も結構ポジティブになったかなあと思っていたんだけど、新しいことに挑戦するとなるとなかなか・・・(^_^;)
フルマラソンだとハーフに比べて参加料も高めだしね。家からも若干距離があるので、そういうのも壁になっているのかもしれない。
でもランニングを始めてもうすぐ4年。そろそろフルマラソンに挑戦してもイイ頃だと思うので、本当に今年こそは!(笑)
2つ目は、昨年書ききれなかった読書録を何とか続けていくこと。
理想としては、1冊読むごとに1冊書いていく・・・という感じだったのだけど、実際は書く時間をなかなか取れずorz
一方で本はどんどん読んでいくので、積ん読本ならぬ積ん書本が増えていく・・・。
もう手書きはあきらめて、パソコンで打っていこうかなと思う今日この頃(´Д`;)
ただ、パソコンに保存しているのは味気ないので、打ったものをプリントアウトしてノートに貼っていって、そこにイラストを描いてみたりしようかなーと。
いずれも去年やろうと思っていたことなんだけどね・・・。抱負だけで終わらないようにしなきゃ(´Д`;)

謎の腹痛

お題「これって私だけ?」

 

私には昔から、疲れるとお腹が痛くなるという持病(?)がある。
疲れて体調不良になるというのは大なり小なりみんな経験したことがあると思うけれど、私の場合、疲れがピークに達すると、お腹がキリキリ痛むという独特の症状が起こる。
胃が荒れた時の痛みともまた違っているんだけど、とにかく一度発症すると、起きている間は延々と続き、しかも痛みも強くなってくる。
ところが、横になってしばらくすると徐々に痛みが消え、しばらくすると完全に消える。
で、もう大丈夫かなと思って起き上がると、痛みが再発(´Д`;)
横になっている時間が長ければ長いほど、起き上がってから痛みが再発するまでの時間も長くなるんだけど、それも長時間はもたず、すぐにぶり返すんだよね・・・。
対処法としては、ただ横になるだけじゃなく、完全に眠ってしまうこと。
すると再発はせず、完全に復活する。これは昼寝でも、夜の就寝時でも同じなので、とにかく「眠る」ことが肝心らしい。
この腹痛は下痢とか嘔吐とか、そういう症状につながることはないんだけど、起きているうちは決して小康状態になることはなく、痛みがずっと継続するのがつらいところ。
なので腹痛の前兆が来たら、悪化する前に横になるようにしている(軽症だと眠らなくても治ることがある)。
ひんぱんに起こる症状ではないのだけど、年に数回は発症するので、それなりに悩みどころ。
でも同じような症状を起こす人にこれまで出会ったことがなく・・・(汗)
ただ、ネットで検索したら、似たような症状を抱えている人はいるらしいんだよね。
でも具体的なメカニズムはいまだにわからないまま(汗)
まあ体質的なものが大きいんだろうし、寝れば治るので病気というほど大げさなものでもないから、うまく付き合っていくほかないんだろうなあ(´Д`;)

広告を非表示にする

一番心に残ったのは

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

私が今年一番印象に残っているネットの話題と言ったらこれかなあ。

過労自殺...それでも「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由(マンガ)

正確にはブログじゃなくて、あるTwitterに投稿された漫画のことなんだけど。
この漫画は一度過労死寸前までいった作者さんが、自分の体験談をもとに、過労死というのはいかにして起こるものなのかをわかりやすくイラストで描いたもの。
実はこの漫画を見るまでは、私も過労死のニュースを見聞きしたりすると、「死ぬくらいの勇気があるならどうして仕事をやめないんだろう?」と思っていた。
もちろん、仕事をやめるというのは並大抵のことではなく、簡単にできることではないのだけど。
ただ、これまたネットで知った言葉なんだけど、たいていのことは「死ぬことに比べたらかすり傷」なんだそうで、それなら死ぬよりも仕事をやめることの方がずっと簡単なんじゃないかと思っていたんだよね。
でもこの漫画を見て、過労死寸前の人というのは、仕事をやめることと死ぬことの2つを比べることすらできない状態なんだなということを初めて知った。
「死ぬくらいなら仕事やめればいいのに」と考えられる人はまだ余裕がある証拠で、本当に追い詰められた人はそんな当たり前の思考力すらなくなってしまっている。
「目の前の電車に飛び込めば、明日会社に行かなくて済む」。
健常な思考を持っている人なら唖然とするような話だけれど、追い詰められた人にとっては「明日会社に行かなくて済む」という結果がすべてなのであって、そのためなら目の前に転がってきた爆弾をもつかんでしまうということなんだよね。
私はここまで精神的に追い詰められた経験がないから、「やめればいいのに」なんて思ったんだろうな・・・。
私は今のところ過労死になるリスクはないけれど、身近な人がそうならないとも限らない。
そんなとき、過労死する人の心情とはどういうものなのか、ちゃんと知っておかないと対処できないと思うので、そういう意味でもこの漫画は今年一番心に残ったかなと思う。

 

広告を非表示にする